ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 袁術と袁紹にさよならしてきたよ!・曹操シナリオ | main | 水こわいねこ >>
2018.08.10 Friday

新野会戦!・ここだけ徐庶シナリオ

新野会戦は、曹操シナリオだと徐庶のおかんも何もかも無視して徐庶に突撃してしまったおかげで一瞬で終わってしまって書くことが何もないです。

 

なので、徐庶がプレイアブルになったので試しにプレイしてみることにしました。噂に聞くと短いってことなんで、長い曹操シナリオの気分転換にいいかな!…と思ったのにこっちもわりと一瞬で終わってしまって呆然でした。短いなんてもんじゃなかったよ!?

 

気を取り直して。

まず思ったのは、徐庶たん自信なさげで弱気な感じのこと言ってるけど、あのでかくておっかない見た目の関羽と張飛の眼の前で劉備殿をナンパするとか相当の豪胆者ですぞ…。すでにこの時点で只者ではない。

三兄弟から不審者言われまくりながらも試用してもらえたのでがんばりましょう。

 

任務開始ということで、劉備の前でセリフを読んでたら突然趙雲にバクスタくらったんですがー!

 

 

▲これケツ堀りゲーのダークソウルリマスターと違うんだから後ろから襲うのやめてー

 

なぜか劉備殿といきなりケツ掘ってきた趙雲殿がついてくる。でも戦闘に行く前に馬屋と鍛冶屋と万屋に行ってしっかり準備しないといけないんですが。店にもついてこられてちょっと気まずい。

 

徐庶って撃剣だと思ってたら曹操父よとコンパチ武器だったんか…。撃剣は追加で金払わないと使わせてもらえないとか世知辛いですな。無双7で撃剣好きだったんでテンション降下中。
でも、曹操で使ってる強い武器使い回せるからその点では楽で便利かも。

 

馬屋に行ったら25000で黒鹿毛のきまぐれ良馬を売ってたので買ってみる。武器使わせてもらったお礼に曹操様にこの馬プレゼントしよう。良馬ってあるからレベル1でもステータスなかなか良い感じ。

 

まずは兵器奪取。その後火計部隊を守る。火つけると処理落ちしそうでやだなあと思いつつも仕方なく工作兵のお守りをしてたら敵に李典ちゃんが現れた。蜀軍だから魏のみなさんが敵なの新鮮だ。陳羣もいたし。

 

味方と一緒に走ってたら夜になって、火計の炎が遠くであかあかと燃えているのが見えてきれいだった。
八門金鎖の陣を破るためにはーとかどの兵種を狙うべきとか、いろいろ軍師っぽいことを徐庶が言ってるけど結局やることはひたすら無心に暴れるだけでして。


関平くんに褒められたくてそばで1000人撃破してたら陣の一角がくずれたらしい。そしたら敵ボスの曹仁さんがこっち向かってきて流れで戦って適当に倒す。
まだ固有モーション部分のアクションよく把握してないからもっと戦いたいなあ、次の戦でしっかり確認を…と思ったら。え。もうここで終わり!? そんなー。

 

 

エンディング的なテロップが出てきたら突然時代が魏帝時代まで進んでて、おいてけぼり感に拍車がかかります。
でもエンディングムービーで一足先に帝位についてる曹丕様が拝めてうれしかった。しかも司馬懿と賈詡が参謀として両脇を固めてるとか、これって6で賈詡先生が参戦してからずっと見たいなーと思ってた図なんでようやく拝めてちょっと感動です。徐庶エンディングありがとう!

 

しかし末席にいる徐庶から見るとこの三人はドロンジョボヤッキートンズラーみたいなもんなんですねと。
孔明先生の正義のキラキラオーラがまぶしい(笑)
ヤッターマンに憧れてたのに今や自分はドロンジョ様の部下…っていうやるせない結末でした。


でも、皇帝陛下から呼び出しくらってるのに「後で」とかぬかすところがやっぱり弱気に見せて心臓に剛毛生えてんじゃないかこの人。そういうとこ好き。

 

そういや司馬懿が、魏帝がおわすのに蜀帝とかクッソ生意気wwww みたいなセリフドヤ顔で言ってて(うろおぼえのデーモン)、軽く衝撃を受けてみた。
なんだその、俺たちの帝こそサイコー的なニュアンスがにじみ出てるように見えるんだけど。
平服でバグってる仲達じゃなくて通常の仲達も曹丕様推しってことでいいのか…?

 

最後に。徐庶シナリオがこんなにあっけなく終わると思ってなかったんで、徐庶でフォト撮ったのがこれしかなかったという。

なぜか箱を前にたたずむ徐庶さん。

 

 

 

JUGEMテーマ:ゲーム

2018.08.13 Monday

スポンサーサイト

Powered by
30days Album
PR